肌が乾燥して突っ張ったり、ヒリヒリしたり、肌が荒れたり、思い返せば、季節の中で秋が一番肌に悩んでるかも・・と言う方も多いのではないでしょうか。

実は肌の老化のリスクは、1年を通して秋がピーク。

なぜ秋には肌の老化のリスクが高いのか、また、その改善策を見てみましょう!

 

秋のボロボロ肌は『夏のダメージ』が原因

紫外線、エアコンによる乾燥etc・・厳しい夏を乗り越えた肌は、ボロボロ・・。

今はまだ目に見えてなくても、このまま放っておいては、あっという間にシミ・シワ・たるみが現れます。

秋のスキンケアをきちんとするか、怠るかで1年間の肌の美しさは決まると言っても過言ではありません。夏のダメージをリセットしないまま厳しい冬を迎えてしまうと今まで以上どころか『現状維持』も難しくなり、肌の悩みが定着してしまいます。

そもそも厳しい夏を乗り越えた秋の肌はどんなダメージを受けている可能性があるのでしょうか。

1、シワ、たるみ

紫外線には、たった数分浴びただけで肌のハリや弾力を担うコラーゲンやエラスチンを破壊する光老化という作用があります。

これを放ってしまうと、秋に確実に肌にシワや、たるみが現れます。 肌がハリや弾力を失った結果、表情の変化による癖がつきやすくなったり、重力に負けるようになってしまいまるので、気を付けましょう。

2、乾燥

夏場、冷房の効いた室内に長時間いた肌は、乾燥しやすい肌になっています。 秋になり肌の乾燥はピークに達し、潤いを保つ機能は極度に低下しています。

そこに秋の乾燥した空気が、バリア機能が弱まった肌にダメージを与え、肌の乾燥はより一層深刻になっていきます。

3、シミ・くすみ

紫外線による光老化やエアコンによる乾燥、室内外の気温・湿度差。夏を終えた今、肌の機能は著しく低下しています。 その代表格が「ターンオーバーの遅れ」。 肌の生まれ変わりが不調になることでメラニンを排出できず、シミの発生や悪化を招いています。

また、古くなった角質が長く居座り続けるために肌のトーンは暗くなり、くすみが目立ち始めます。

間違った洗顔をしていませんか?秋にオススメの洗顔→スキンケアの流れを伝授します。

洗顔

洗顔後、スキンケアをして、そんなに時間は経ってないのにもう乾燥してる・・

そのような経験はありませんか?

  • お湯で洗顔している
  • 1分以上洗顔している

 

上のどちらか、もしくは両方当てはまる方は間違った洗顔をしています。

お湯での洗顔は必要な皮脂まで流してしまい、肌の乾燥を招きます。

水もしくはぬるま湯で洗顔することで、必要な皮脂や保湿成分を保ちつつ、汚れだけを除去できます。

どんなに優しい洗顔料でも長時間肌につけていると負担になります。長時間洗顔をする=丁寧・その分汚れが取れるわけではありません。

洗顔料をたっぷり使って、密の濃いふわふわの泡で肌に乗せるようにし、ゴシゴシせずに洗顔しましょう。

また、秋は急に平均気温が下がり、肌が疲れ弱っている場合が多いので、洗顔料は優しいものがおすすめです。

スキンケア

夏はさっぱりタイプの化粧水が好まれますが、秋は夏のダメージによってとても乾燥しているので、しっとりタイプのものでたっぷり使い、しっかり保湿をしましょう。

コットンで化粧水をつけるのも良いのですが、最後は暖かい手でハンドプレスをし、しっかり馴染ませるとさらに効果が上がります。

また、保湿効果と浸透力強化ができるヒアルロン酸配合のものでスキンケアをするのがオススメです。

 

まとめ

秋は夏に蓄積されたダメージが現れます。夏にしっかり対策しておけばよかった・・と思う方もいらっしゃると思いますが、まだ遅くありません。

今からそのダメージを軽減するために、洗顔とスキンケアを改めてみましょう。

また、日差しが弱まり、気温も下がったことで、紫外線が減ったように思えますが、秋も紫外線は沢山降り注いでいます。

紫外線対策は秋も引き続きしていきましょう!!