夏が終わって涼しくなってくると、「衣替えしなきゃ…」とクローゼットを覗きますよね。でも、ものの多さに圧倒されて、なかなか手がつけられないなんてことも。どんな風に衣替えを進めたらいいのか、コツを一緒に考えていきましょう。

衣替えを正しくする

夏服から秋服にチェンジする瞬間って、実はとても楽しいと思っています。久しぶりに出す服は自分のものだけど、新しい服のようでワクワクすることもありませんか?でも、なかなか手がつけられないのは、今まで着ていた服たちをどうやってしまうのがいいのかわからないから。

衣替えのコツがわかったら、少し楽に衣替えができそうですよね。衣替えのかたづけかたを知って、すっきりクローゼットを目指しましょう。

衣替えのタイミング

まずは衣替えをするタイミングです。暦の上では9月から秋という認識ですが、まだまだ日中は夏の暑さが残っていて、夜は涼しいというような時期。

昼間は暑いからといって薄着をしがちなので、夜の寒さに対応できない…なんていうこともあります。風邪をひきやすい時期でもありますよね。

そんな9月は思い切って夏から秋へ衣替えを始めてしまいましょう。「一気にするのはちょっと…」という方は3段階方式がオススメ!

第一弾

9月中旬。薄手の半袖Tシャツをしまいます。タンクトップやショートパンツなど、真夏に着る服はまとめて片付けていきます。かわりに出すのは長袖Tシャツなど。

第二弾

9月下旬。七分丈のTシャツやパンツもそろそろ片付けましょう。そろそろ肌寒くありませんか?厚手の長袖Tシャツにチェンジ!

第三弾

10月中旬。もう季節は完全に秋。夜は寒さを感じるので、冬服も引っ張り出しておきましょう。コートなどもかけておきましょう。

不要な洋服は処分

衣替えのタイミングはものを減らすタイミングでもあります。不要な衣類は処分しましょう。毎年増やし続けるのはNG。しっかりと見極めることが大切です。とはいえ、「そのうち着るかもしれないし…」と思ってしまうもの。そんな自分に喝を入れましょう。

 

処分するのは春夏のものです。春夏服をしまう衣装ケースの隣にゴミ袋をスタンバイしてください。しまいながら、「今年どれくらい着たか」を思い出してください。1度も着てない服なんてありませんか。それは迷わず処分しましょう。ドレスなどの特別な時に着る服ならまだしも、普段着でシーズンに1度も着ていないなら、来年も着ることはないでしょう。1〜2回しか着ていないものも捨ててもいいでしょう。着たいと思える服だけを残すイメージです。

 

どうしても迷ってしまうものだけ、紙袋に入れて別にしておきます。もし、次のシーズンで着ようと思うことがなければ、そのまま捨ててしまいましょう。

衣替え必須アイテム 防虫剤・除湿剤

防虫剤

衣装ケースやクローゼットに春夏服をしまったら、忘れずに防虫剤をおきましょう。せっかく綺麗にしまったのに、虫に食われて着られなくなっていた…なんて悲しすぎますよね。抜かりなく!防虫しましょう!

 

防虫剤は適量を守りましょう。少なくても多くてもよくありません。多くしたからといって効果が高まるわけではないのでご注意を。そして置く場所も説明書をよく読んで置いてください。基本的に防虫剤の成分は上から下へ広がるので、衣類の上に置くようにします。

除湿剤

衣類につく虫は湿気の多い場所が好きです。クローゼットの中の湿度が高いお部屋は除湿剤もマストです。床置きのタイプやシートのタイプのものもあるので、お部屋に合わせて使ってください。

衣替え前の正しい洗濯

衣替えでしまう洋服はもう一度洗うべきか迷ったことはありませんか?

久々に出した服が黄ばんでいた…変な臭いがする…ということがないように、しっかりとケアをしてからしまいましょう。

黄ばみを防止する

夏物を収納する際に大切なことは「汗ジミ」をとること。

夏は汗をかくので、冬服よりも汗や皮脂が残りがちです。気付かずにしまっていると、取り出した時には黄ばんでいた、ということも多々あります。

毎日の洗濯で意識するのはもちろんですが、衣替えでしまう前にも1度念入りに洗ってもよさそうです。

冬服は汗や皮脂は夏より少ないものの、目に見えない汚れが付いていたり、洗いにくいものが多いです。自分で洗えないものは忘れずにクリーニングに出しましょう。

 

クリーニング後の洋服を忘れずに

クリーニングに出したからといって満足していませんか?戻ってきた袋のままクローゼットに突っ込んでいませんか?戻ってきた服はビニールカバーを外してから収納しましょう。

ビニールカバーは通気性が悪く、湿度が高くなりやすいのに加え、垢や汚れがつきやすいので、不織布のカバーを買って付け替えるのがオススメです。

おわりに

正しい衣替えのコツを知って、気持ち良く衣替えをしましょう。次は正しい衣替えの収納方法についてお話ししたいと思います。ぜひお楽しみに。