「断捨離」と聞くと、物を片付ける為のひとつの方法というイメージが強いと思います。しかし、実際の断捨離は物に限らず「片付けるための考え方」「仕分けるための指標」であると言えます。「もの」や「こと」が必要か必要でないかを仕分ける考え方、方法を断捨離と呼びます。

つまり、部屋の片付けるからといって、必ずしも物をたくさん捨てなければいけない訳ではないのです。断捨離の考え方を理解した上で片付けをすること、生活を見直すことで人生がすっきりと質の高いものになっていきます。

 

物を捨てるだけが断捨離ではない

片付けを始める時に、断捨離をしなくては!と言って物を捨て始める人には、「断捨離リバウンド」がつきものです。片付けの基本は断捨離であると言いますが、それは決して物を捨てることではありません。物の仕分ける考え方や方法を身につけることで、片付きやすい部屋が出来上がるのです。

部屋を片付ける為ではなく、もっと大きく、生活や人生を質の高いものにする為に断捨離があります。ここではその考え方や方法についてお話しします。

物を捨てる

断捨離のイメージで連想するのが物を捨てることだと思います。部屋を片付けたくて、物を捨て始めたけれど、どれも捨てられない…なんてことはありませんか。これは仕分け方がわかっていないから起こります。仕分けと言ったって、いるかいらないかだけでしょ?と思われるかもしれません。

しかし、その“いるいらない”の判断が一番難しいのです。毎日使っている物、週に1回は使っている物、月に1回、年に1回…使ってはいるものの、頻度が少ない物はどうしましょう。このドレスはいつ使うかわからないけど、年に何回かは使うこともある…このランニングシューズ、今は忙しくて使っていないけど、落ち着いたらまた始めたいから…そんな風にいろんな必要性から捨てられない物がたくさんあるのです。

そんな時に必要なのが仕分ける方法です。分け方は3つです。

仕分けのキホン3つ

(1)まずは壊れた物、絶対に使わない物は迷わずゴミ袋に入れられますよね。ゴミの日まで袋に書いて、捨て忘れがないようにしましょう。

(2)次に、毎日使っている物や定期的に使っている物。これは綺麗に収納してください。

(3)最後は「使うか使わないかわからない物」を仕分けます。このゾーンに入る物が思っているよりも多くなります。これらは段ボールに入れておきます。そのまま1年間過ごしてみて、使わなければそれらは「いらない物」です。迷わず捨ててください。

最近ではレンタルできる物が増えているので、いざ捨ててしまっても、使う時にはネットレンタルで調達することができますのでご安心を。思い切りが大切です。

時間の無駄を捨てる

時間?と思われる方も多いですよね。思い返してみてください。「あの書類どこだっけ?」「あの服どこにしまったかな?」そんなことがよくありませんか。考えているよりもずっと多くの時間を、物を探すことに費やしているのです。

最低限の物の中で生活していると、物を探す時間がなくなります。物を捨てることが時間の節約に繋がってきます。時間の無駄遣いはもっとあります。例えば、家計簿。毎日頑張ってノートに書いていませんか。その労力をもっと自分の為に使いましょう。今はスマートフォンで簡単に家計簿をつけることができます。

レシートを写真に撮るだけでつけられる、なんてものも出ています。もちろんノートに家計簿をつけている時間が楽しいから辞めたくないという方もいるでしょう。そういう方は続けていただいていいのです。

断捨離は生活、人生の質を高めるためにやっているのですから。ただ、中には面倒に感じている方も多いはず。そんな方はスマートフォンに頼ってみませんか。文明の利器を十分に使って時間を節約しましょう。その時間は自分の為に使ってください。他にも、考え方を変えたら時間を節約できる、ということがたくさんあります。是非探してみてください。

お金の無駄を捨てる

お金の断捨離は一番効果が目に見えてわかるものだと思います。例えば、毎日ふらっと寄って買ってしまうコンビニのお菓子や出先で買ってしまうペットボトル。1つ150円だとすると、1週間で1,050円、1ヶ月で4,200円、1年間で50,400円です。

少しオーバーに聞こえるかもしれませんが、日々の積み重ねが大きな金額となります。本当は必要ないけど、買ってしまう物で生活は少しずつ圧迫されていることがあります。それに気付けるかどうかで今後の生活の質は変わってきます。

先ほど時間の話で家計簿が出てきましたが、家計簿と聞いた瞬間、「面倒だなぁ」「そんな時間ない」と思った方いませんか。確かに面倒なことですよね。時間も取られてしまうし…しかしその行動一つで少しだけ生活の質が変わるとしたら、試してみる価値はあると思いませんか。

わざわざ家計簿を買う必要はありません。スマートフォン一つでつけることもできます。レシートを仕分けるだけでも構いません。本当に自分に必要かどうかを見極める週間をつけることが大切です。そこで少しだけでも浮いたお金ができれば、次はそのお金を自分への投資へ繋げましょう。そうやって生活の質を高めていくのです。

おわりに

物、時間、お金の断捨離についてお話しさせていただきました。ここで述べていることで共通しているのは、生活や人生の質を高めるための手段として断捨離の考え方や方法を使っていることです。

自分の生活にとって本当に必要かどうかを見極めることができるようになれば、生活が変わってくるはずです。