近年さまざまなスーパーフードがメディアによって取り上げられるようになりましたが、その中でも高い抗菌作用で話題になっているのが「マヌカハニー」

少し高価なイメージもありますが、「マヌカハニー」入りのキャンディーなどはスーパーでも手軽に手に入ります。

そこでひとつ気になるのが、「マヌカハニー」と名のつくものならどんなものでも健康効果が得られるのか?という事です。

今回は「マヌカハニー」の知っていると少し得をする真実についてまとめてみました。

マヌカハニーとは?

ニュージーランドに生息するフトモモ科の木「マヌカ」の花から摂れる蜂蜜の事。

現地では古くから民間療法として怪我や病気の治療に用いられてきた歴史があるそうです。普通の蜂蜜との大きな違いは、マヌカハニーは普通の蜂蜜にはない抗菌作用、抗ウイルス作用、殺菌力、抗炎症効果を備えているという点です。これらの効果はマヌカハニーに含まれる「メチルグリオキサール」という有効成分に由来するものです。

 

マヌカハニーの驚くべき抗菌作用

ピロリ菌を除菌

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、胃炎などと関わりが深いとされるピロリ菌を除菌する作用があると言われています。マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールは、胃酸の影響を受けず、腸内で善玉菌のエサになり、腸内環境を整えてくれます。

歯周病予防・虫歯予防

甘いものは歯に悪く、虫歯に繋がるイメージがあるかと思いますが、マヌカハニーに関してはその心配はありません。砂糖のように虫歯になりやすい成分は入っておらず、むしろ虫歯予防効果があるのです。寝る前に食べても歯磨きは不要。メチルグリオキサールの抗炎症・殺菌作用は口内炎にも効果があるそうです。

風邪予防

メチルグリオキサールの殺菌作用と蜂蜜特有の保湿力で、喉の炎症、咳にも効果があると言われています。

またビタミン・ミネラル・酵素も豊富で栄養価が高いので風邪気味の時に摂るのもオススメです。マヌカハニーはインフルエンザウイルスにも効果があるのではないかと言われています。

医薬品でもないのに、蜂蜜にそれほどの抗菌作用があるのか?と疑ってしまう気持ちもありますよね。しかしマヌカハニーはその健康効果がきちんと研究によって明らかになっており、国や企業によって規格や基準が設定されているそうです。

 

健康効果のあるマヌカハニーの選び方

マヌカハニーには健康効果のあまり期待出来ない単なる甘味料としてのものから、高い抗菌活性作用のあるものまで、品質ランクがあります。また、偽物やマヌカハニーに他の蜂蜜がブレンドされているものもあるそうなので、購入する際には注意が必要です。

「UMF」(*注1)もしくは「MGO」(*注2)という規格が記されているものを選ぶと良いと言われています。

 

(*注1)

病院で使用されるフェノール消毒液と比較した際の抗菌作用の濃度基準。例えばUMF15+はフェノール消毒液濃度15%と同等。数値は5~26まであり、抗菌作用が期待出来るのは10以上のもの。

(*注2)

マヌカハニー1㎏に対する、メチルグリオキサールの含有量。数値が高いほど抗菌作用が高い。例えばMGO500はマヌカハニー1㎏に対し、500㎎のメチルグリオキサールが含まれている。抗菌作用が期待出来るのは、数値が263以上のもの。

おわりに

マヌカハニーの効果的な食べ方については、空腹時に1回5ml~15ml(ティースプーン1~大さじ1くらい)、1日3~4回を目安に食べると良いとされています。ちなみに、金属製のスプーンを使うと、メチルグリオキサールの活性力が弱まる可能性があるので、金属製以外のスプーン(木製のスプーンなど)を使用するのが良いそう。

今回は知っていると少し得をするマヌカハニー情報をまとめてみました。ぜひ参考にしてみて下さいね。