※写真はすべてイメージです。自分で撮ったものと差し替え予定

気をぬくとすぐに物が床に転がってしまう…そんな方必見です!床に物を置く習慣を変えましょう。『置く』収納から『置かない』収納に変えるだけで、簡単に部屋がすっきりします。ズボラさんでもできる、置かない収納の仕方についてお教えします。

 

「片付けしなきゃ」と毎日部屋を見るたびに思うけれど、時間がなくてなかなか手がつけられない。休みの日にまとめて片付けようと思うけれど、休みの日はゆっくり寝てから友達と出かけて…気づいたら1日が終わっている。そんなことはありませんか。

頑張って片付けるのではなく、片付きやすい部屋を作りませんか。まずは床に物を置かないことから。『置かない』だけで部屋が片付きやすくなり、掃除も楽になります。頑張らなくてもきれいな部屋を作りましょう。

 

トイレまわり

トイレブラシ

どこの家庭にも必ずあるトイレブラシ。場所をとって邪魔ではないですか。掃除機をかけようとする必ずひっかかるし、ずっと放置しているから衛生的にもよくない…というわけで、思い切って置くのをやめてみましょう。

トイレブラシは必ずと言っていいほど、ボックスに入っていて、床に置くしかない、そういったものばかりが販売されています。しかし、無印良品の柄付きスポンジを使えば、吊るして収納が可能です。

 

使うのは無印良品の「柄付きスポンジ」と「スクラビングバブル流せるトイレブラシ」です。柄付きスポンジのスポンジを外して、スクラビングバブルのトイレブラシをつけます。(必要ないスポンジはキッチンで使うと良いです)掃除がそのままスポンジは流せます。トイレにフックをつけておけば、さっと洗ってかけておくことができます。吸盤のフックを使えばOKです。

柄付きスポンジは挟む部分が細く、ステンレスでできているので汚くなりにくいです。凹凸も少ないので、洗うのが簡単!衛生的ですよね。

 

サニタリーボックス

もう一つ多くのトイレに置いてあるものがサニタリーボックスです。これも床置きをやめてしまえば、掃除が簡単になります。手っ取り早いのがサニタリーボックスをなくすことです。「じゃあ、どこに捨てるの?そのままゴミ箱に入れるのも気になるし…」という方もいらっしゃいますよね。一人暮らしの方はそのまま大きいゴミ箱に入れてしまう、ということもできますが、家族がいたらそうはいきません。そんな時は100均グッズを使いましょう。

  • 紙袋

クラフト紙でできた紙袋は穴を開けて使えば、簡単に壁につけることができる上、使い捨てで衛生的に使えます。

  • 麻ひもホルダー

これまで使っていたボックスを活用した方法です。麻ひもで簡単なプラントハンガーを作ります。これに入れることで、インテリアとしてもおしゃれになります。

 

材料・道具:

  • 麻ひも 3m×8本
  •     40cm×
  • ウッドビーズ(お好みで)
  • 丸カンor Dカン 1個
  • ハサミ
  • ボンド

丸カンに麻ひもを全部通し、まとめて結びます。 40cmの麻ひもを画像のように巻きつけていきます。 3〜4cm巻き終わったら輪っかを作り、通します。 しっかり上下の紐を引っ張ったら、巻き終わりにボンドをつけて、ほつれないようにします。

  1. 平編みをしていきます。中心に2本、左右に1本ずつに分けます。
  2. 左の紐を中心の2本に上に重ねます。
  3. 右の紐を左上から中心下、左上で通し、左右の紐を引っ張ります。
  4. 工程を30回ほど繰り返します。
  5. 好みでビーズを通します。(通さなくてもOK)通し終わったら平編みを20回編みます。
  6. 隣の紐と合わせて4本1セットにして、約5cm下を平編み8回します。
  7. 難しい場合は玉結びでも代用できます。上から1段が編み終わったら、次の段を編んでいきます。
  8. 編み終わったら紐を束ねてまとめ結びをして下をカットして整えます。

完成!このプラントハンガーを活用します。

こんなグッズを作れば、他にもいろんな吊るす収納に役立ちますよね。

それに見た目もとってもおしゃれ。こんなアイデアを使って、ぜひトイレをすっきりさせちゃいましょう。掃除も楽になるので綺麗になりますね。

 

洗面台・お風呂まわり

洗面台の上

女性なら洗面台の上はものがたくさん。化粧水やヘアーバンド、歯ブラシ、コップ、手洗いソープ…全部上に置いていたらごちゃごちゃしてしまいます。フックを使ってかけるものを増やしましょう。ヘアバンドやヘアゴムはS字フックを活用してかけておきます。コップはマグネットを洗面台につけて、貼り付けると衛生的にも良いです。

洗面台の下

扉を開けてみてください。きっと入浴剤や予備の歯ブラシなど、たくさんのものが入っているのではないでしょうか。あまり人目につかない場所でもあるので、片付けは後回しにしがち。

こんな場所は、キッチン収納でも使った「段を作る技」で綺麗にしていきます。100均に良くあるコの字の台を使います。あとは扉につけられるドライヤーフックも便利です。どこに置こうかと考えている間に放置されてしまうドライヤーはすぐにフックにオン!です。

 

脱衣所

タオル類は突っ張り棒を利用して収納します。軽いタオルは棚にしまうよりも、つっぱり棒で上に上げてしまった方が簡単に収納することができます。つっぱり棒を2本使って、その上にボックスを置くか、つっぱり棒に吊り下げられる収納用品を使うのも良いでしょう。デッドスペースを有効活用です!

おわりに

なんとなく置いていたものを、吊るして掛けて収納するだけですっきりします。見た目が綺麗なだけでなく、片付けやすくなるのでリバウンドしにくいのも特徴。水回りはあまり広くスペースがとれないので、デッドスペースを有効活用していきましょう。