部屋を綺麗に収納したいと思って収納ブログやサイトを見るのはいいものの、私の家にはこんなに収納スペースがないからできない…と諦めていた方必見です!

スペースがなくてもできる、収納テクニックをお教えします。

 

収納家具を置くスペースがないあなたへ

賃貸に住んでいたりするとスペースが限られているので、なかなか思うような収納ができないなんてこと、よくありますよね?もっとここに収納できるスペースがあったらいいのに…このデッドスペースをどうにかして使えないか…と思うことも多々。そんな時に収納スペースを増やす技ありテクニックを使ってみてください。

壁にも収納を作れる!

まっさらな壁の前は意外とデッドスペースになっていることがあります。例えば廊下の壁には、廊下が狭くなってしまうからと思って収納用品を置くことは少ないはず。そんな壁に収納をつけてしまいましょう。

一番簡単なのは、壁取り付け専用の棚やボックスをつけることです。無印良品やホームセンターで販売されています。賃貸の方は穴が開いてしまうので要注意!賃貸でも使えるように針が細いものも販売されていますが、確認は欠かさずに。

その他ですと、ウォールポケットが便利!100均にも販売されていますが、余裕がある方は布や紙で手作りしてもいいでしょう。自分の使い易い大きさで作りましょう。

突っ張り棒で収納を増やす!

万能選手なのが突っ張り棒です。2本並べてつければ、収納スペースに早変わりします。脱衣所にタオルを置くスペースがない方や、化粧品で溢れているかたは、軽いリネン関係のものだけボックスに入れて突っ張り棒の上に乗せてしまえば、スペースを確保できます。押入れの中に付けるのもオススメです。

バーが付いていない押入れであれば、クローゼットのように使えるようになります。元々バーがある押入れであれば、短い突っ張り棒を十字でつけることで、小物を収納することができます。ベルトや帽子をここにかけておいてもいいでしょう。(フック付きのクリップを使うと便利です!)

 

すっきりと収納ができないあなたへ

スペースはあるはずなのに、物が多くてなんだかすっきりしない…部屋をすっきり見せる方法がわからないという方は多いはず。そんな方にオススメのすっきり見える技あり収納術をご紹介します。

 

1、服はラベリングで管理!

女性が一番悩むのが衣服の収納。買うだけ買って捨てないので、エンドレスで服が増え続ける。そんなことありませんか?そんな方はハンギングしてある服にラベリングをしてみましょう。

まずはクローゼットの中身を把握します。クローゼットの中身はその人の趣味やライフスタイルによってバラバラです。

自分が考える、似たようなアイテムでグループを作ります。例えば、パンツが好きな方なら丈ごとに分ける、色ごとに分けるなど。グループができたら、クローゼット用の仕切りを作ります。

 

【クローゼット用仕切り】

 

材料

  • ポリプロピレンシート(100均やホームセンターで販売)
  • ハサミ
  • メジャーor定規
  • ラベラーor油性ペン

 

作り方

  • グループの数だけポリプロピレンシートを用意します。
  • メジャーでクローゼットのバーの太さを測ります。
  • バーの太さに合わせてポリプロピレンシートの真ん中より上あたりを切ります。
  • ラベラーでグループ名を印字します。ない場合はマスキングテープに記入してもOK
  • ラベルをポリプロピレンシートに貼り付けたら完成!

これをグループの間につけていけば、どの種類の洋服がどのくらいあるのかが一目瞭然です。また、特徴で分けている為まとまりも出ます。

 

2、ハンガーの技で収納が劇的に変わる!

今はハンガーにも様々な種類があります。フードを開いて干せるハンガーや腕が伸びるハンガーなどなど…そんな中でもオススメのハンガーとその使い方をお伝えいたします。

あなたのクローゼットの中のハンガーにはどんな種類がありますか?100均の針金ハンガーはないですか?針金で出来たハンガーはオススメできません。変形しやすい為、服の重さで形が変わってしまうことがあります。

そうするとクローゼットの中では嵩が出てしまいます。見た目もスッキリしません。ハンガーの種類は多くても3〜4種類で、形や色が似たものを選びましょう。見た目もスッキリして、使い勝手がよくなりますよ。

そして、ハンガーの中でもオススメなのがニトリの薄型のすべりにくいハンガーです。木製ハンガーはジャケットなどの形が崩れにくくて、おしゃれで良いですが、服が多い方には不向きです。薄型のハンガーであればかけられる数もぐっと増えます。一気に買い換えるのが難しくても、少しずつ入れ替えてみてください。

 

3、靴下は細かく区切って収納!

収納の中で盲点となってしまいがちなのが『靴下』です。大きめなケースにまとめてごそっと入れていませんか?しっかりと細かい仕分けケースを使いましょう。

無印の不織布のケースやニトリの15マスのケースがオススメ。お子さんの靴下であれば、可愛いカップを使用してもいいかもしれません。そして一番のポイントは、そこに入らなくなった靴下は捨てること!常に持つ数を決めてしまえるのも、細かく分けるメリットです。

おわりに

収納スペースがなくても、スッキリ片付けることを諦めないようにしましょう。技あり収納テクニックを使えば今よりももっと収納が楽になるはずです。ぜひ試してみてください。