3大保湿成分といわれるヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド。
よく耳にしますが、それぞれの働きはどのようなものなのでしょうか。
化粧品とかドリンクにも含まれるけど、結局どうなの?という疑問も…まずはどんな働きがあるのか、まとめてみました!

 

ヒアルロン酸

  • おもに真皮に存在するムコ多糖類の一種
  • 皮膚や軟骨、目や関節、脳などに含まれている
  • ゼリー状で、網状の構造のコラーゲンの隙間を埋める役割
  • 水の分子を結合させる性質を持つ
  • 真皮に存在しお肌に弾力やうるおいを保つ
  • 保水力が高い

ヒアルロン酸が減少すると…水分を保持できず乾燥しがちになります。

コラーゲン

  • 皮膚組織の真皮層の水分を除いた約7割といわれる
  • タンパク質の一種
  • 血管や歯、骨、皮膚、腱などに多く含まれる
  • 細胞同士をつないだり筋肉と骨を結ぶ腱の役割
  • ヒアルロン酸など保水成分を抱えこみ、肌の弾力を保ち乾燥を防ぐはたらき

コラーゲンが減少すると…

保水力のあるヒアルロン酸などを保持できず、たるみやシワの原因になります。

 

セラミド

  • おもに表皮の角質層に存在
  • 細胞と細胞を埋める細胞間脂質
  • 水を蓄えて保湿し、細胞の隙間を埋める
  • 表皮に存在し外部刺激から肌を守るはたらき

セラミドが減少すると…

肌のバリア機能が低下し、敏感肌になったり肌荒れの原因にも。加齢とともにセラミドは減少していくといわれ、セラミドが減少すると肌代謝もさがり、肌荒れと悪循環に陥ることも…

 

おわりに

個々の成分だけに偏らず、お肌のターンオーバーを高め、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドを補うことが美肌づくりのポイントになってきます。うるおいのあるお肌はすなわちバリア機能もあって、保水力もあるってことですよね…

日々のスキンケアとともに、3大保湿成分を補って美肌を目指しましょう!ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドをたっぷり配合したドリンクはこちら