動かず寝ているだけでもなんとなく疲れます。
寝すぎも疲れるのは何故なのか。どうやらそのしくみのひとつに、

リンパが関係してくるようなのです。
動かないと疲れがたまる。疲れがたまるこの状態は?

ちょっと気になったので調べてみました。

リンパの動き

血液は血管を通り心臓のポンプで全身に運ばれていますが、

リンパは全身の筋肉の伸縮や動きによって流れるといわれています。
安静の状態でリンパはほとんど動きがなく、運動不足や筋力が落ちるといわゆる「リンパが滞る」状態となり、筋肉の伸縮や弛緩による老廃物や最近の運搬が悪くなります。

また、免疫機能も低下するので、疲れやすくなったり、体調を崩したりする場合もあります。

リンパの流れが悪くなると

新陳代謝が落ち、顔やからだにむくみやたるみが出ます。

運動をすることでは筋肉の動きをつくり、リンパの循環を促すといわれることから考えても、マッサージをすることでリンパ流れをつくることが期待できます。

そもそもリンパとは

血液の成分の一つである「血漿」が、毛細血管から染み出した体液の一種です。

身体から集めてからだに800か所もあるといわれる「リンパ節」をとおり、リンパ節のリンパ球や白血球で細菌などを捕らえます。

主なリンパのはたらきは、

  • 体内の水分循環の一つで老廃物を運び、排せつする機能
  • リンパ節に細菌や病原体などを運び、異物を血管やからだの深部に入れない役割

があるとされています。

リンパは、リンパ節を通ることできれいな状態になります。いずれ頸部リンパ節と静脈角を通り、静脈に戻ります。そして心臓を通って動脈から血液として運ばれます。

おわりに

ずっと寝ていても疲労感があるのは動かないことが原因だったんですね。。

エコノミークラス症候群とか座りっぱなしで動かないと血栓ができるとか…恐ろしい話です。寝すぎも食いすぎもよくないということですね。

ご自宅で簡単マッサージ!

自宅で簡単にできるリンパセラピーをご紹介します。首周りだけのマッサージなので、いつでも気軽に行えます。

まず首周りにボディミストなどで肌を整えます。しっとりしたお肌で行うことで、ジェルやボディクリームの浸透を高めるといわれ、

また、お肌を潤すことでなめらかな手触りになります。マッサージ前に水を飲むこともお忘れなく。

リンパセラピー・マッサージの方法

①肩を包み込むように手を置く

※なるべく背中側に手を回してください。

②手のひら全面を肌につけた状態で、肩の位置から鎖骨下で止める

③鎖骨を左右往復で撫でる

④ ①~③を繰り返し、5~10分行ってください。

※リラックスしてなるべく時間をかけるほうが効果が高まります。

 


ご自宅で本格ミネラルマッサージが楽しめます。

4U ミネラルリフレッシュジェル