女性にとって生理前は急に甘いものが食べたくなるなどデリケートになりがち。

イライラしながらチョコレートをモグモグ…気づいたら1袋丸ごと食べてしまっていた!ということもしばしば…

でも生理前に食べ過ぎないほうがよい食べ物があるのをご存知でしょうか?

もしかしたらその間食、生理痛を悪化させているかも…?では早速その食物とは何なのでしょうか。見ていきたいと思います。

 

 

甘いものが食べたくなる原因は?

女性ホルモンバランスの変化と関係があるといわれています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が月経周期に合わせて増減します。体温が高温期に入ると黄体ホルモンの分泌が増え、エストロゲンの分泌量は減少します。

このホルモンの変動により、自律神経のバランスを崩し、女性のからだには身体的や精神的に不調が現れるといわれています。

 

エストロゲンの分泌が減少すると、脳の神経伝達物質であるセロトニンが不足します。

セロトニンはイライラしたり興奮したりするのを抑え、鎮静を保つといわれています。その不足したセロトニンを作るために、「ブドウ糖を摂りなさい!」と要求するのです。

つい食べがちなあのお菓子が実は…

チョコレート

みんな大好きチョコレートです。ただしチョコレートだけが悪者ではありません。

チョコレートにはテオブロミンという成分が含まれています。テオブロミンはリラックス効果があり、脳を活性化させ集中力や記憶力を高める働きをするといわれています。

イライラするときや気分を安定させたいとき、糖分がほしくなります。また、女性は生理のために鉄分やミネラルも不足しがちです。チョコレートはちょうどほしい成分が含まれているので食べたくなってしまうのですね。

悪さをする成分がチョコレートに含まれてはいますが、体調の変化で糖分がほしくなるのも事実なので、少量を食べる分には問題はないとみていいでしょう。

 

しかし一度に大量に食べてしまうのは禁物です。急激に上昇した血糖は、大量に放出されたインスリンにより急激に低下し、それにともなって体温も低下します。

冷えは血の巡りがわるくなり、からだにさまざまな不調を引き起こします。

 

チーズ

チョコレート同様にチーズに含まれている成分があります。

それはチラミンという成分です。これは、血管や子宮を収縮させる成分が入っており、痛みを強くさせてしまうことがあるそうです。また偏頭痛を引き起こす原因の成分のひとつともいわれています。

チラミンはコーヒーにも含まれています。

チョコレートやコーヒーにはリラックス効果がありますが、食べ過ぎ飲みすぎはよくないということですね。

 

食事はバランスよく!が基本

 

そうはわかっていても甘いのが食べたくなるも事実。特に生理前や生理痛に影響する可能性のある食べ物があるということを覚えておき、夕食にたんぱく質や大豆類などを意識して摂るとよいでしょう。

 

また、暑い季節には冷たい飲み物が飲みたくなりますが、体を冷やしすぎないためにも、とくに生理前後は身体を温めるように心がけましょう。