季節の変わり目が近づくと、クローゼットの中を見渡しがち。もうこの色を着る季節じゃないから衣替えをしないと…と思うけれど、毎回衣替えには苦労しているという方がたくさんいらっしゃいます。

そこで、正しい衣替えの収納テクニックを使ってスッキリと衣替えをする方法をお教えしましょう。

衣替え前の準備

「さて、衣替えをしよう!」と意気込んだのはいいものの、何から手をつけていいかわからなくなってしまう、ということはありませんか?そんな時は、『服の仕分け』から始めましょう。

 

仕分けって何?と思われる方もいることでしょう。まずは、服を収納の仕方でカテゴリー分けすることで、「あれはどこに行った?」「どこにしまった?」ということを防ぎます。コツはチーム分けのように考えることです。大切なのは持っている服を全部把握すること。持っていることも忘れてしまっている服は捨ててしまってOK!きっともう着ることはないでしょう。では、早速仕分けていきます。

 

ハンガー収納チーム…コート類などたたむとかさばるもの。

きれいに収納チーム…シャツ類などシワにならないようにしたいもの。

たたんで収納チーム…ニット類など伸びやすいもの。

 

収納の仕方で仕分けをしたら、その数に合わせてハンガーや衣装ケースを揃えましょう。ハンガーが足りない、衣装ケースが足りない、といって収納できないことを防ぎます。クローゼットに余裕があるのなら、シャツ類などのきれいに収納したいものをハンガーでかけて収納するのもいいでしょう。

衣替えに最適な収納用品

収納用品を揃える時に大切なのは、使い方とスペースに合わせることです。クローゼットの中を見渡してみて、使わない、あるいは使いづらい収納用品はありませんか?それが苦になってしまうこともあります。収納スペースは3段構えで考えます。上段・中段・下段で、収納用品も変えます。

上段

…クローゼットや押入れの上段のスペース。ここに大きな衣装ケースをのせていませんか?下ろすときに重くて大変ですよね。上段には不織布や布ケースがおすすめです。あまり大きいものはNG。重くならないようにしましょう。中に入れるのはオフシーズンもの、カバンやベルトです。

中段

クローゼットでバーがあるのであれば、ハンガーで収納します。ここにものを詰めすぎると取り出しにくくなってしまうので、8割を目指してください。押入れで掛けられなければ、小さめの衣装ケースをセットしましょう。下着や靴下、毎日着るものを収納します。布でできた、かけられる収納ボックスもおすすめです。

下段

ここにはしっかりと衣装ケースで収納スペースを確保します。しまうものに合わせて収納用品を揃えることがポイントです。大きい衣装ケースにTシャツなどをしまいたい場合には、100均や無印の仕切りを使うと便利です。衣装ケースをいくつか重ねる場合には、一番下はシーズンオフのものにして、取り出しやすくなる工夫をしましょう。

 

全体としてのポイントは2割の余裕を残すことです。ぎゅうぎゅうに詰め込んでいてはシワや型崩れの原因になります。

ベストなたたみ方テクニック

オフシーズンの服はしばらくの間、衣装ケースの中にしまわれることになります。きれいに収納しておく為には、たたみ方も大切です。お気に入りの服を着ようと思って出してきたら、シワシワになっていた…悲しいですよね。たたみ方のテクニックを学んで、正しく収納しましょう。

ステップ1 服のシワを伸ばす

平らなスペースに服を広げたら、凹凸をなくしていきます。

ステップ2 袖を接合部分に沿ってたたむ

袖は接合部分に沿ってたたみます。この時に長袖であれば折り返しますが、極力縫い目部分で折り返すようにしましょう。

ステップ3 身頃を半分にたたむ

身頃をたためば基本の形は完成!

このたたみ方で収納すると、たたむ回数が減ってシワがつきづらいです。しかし、この大きさでは場所をとってしまうので、収納場所がないという方は次のステップへ。

ステップ4 真ん中から半分に折る

ステップ3でできた基本の形の真ん中で半分に折ります。省スペースでしまいたい方はこちらで収納します。

基本の形ができたら、3〜5枚を布製の薄めの収納ケースに入れてクローゼットの上段にしまいます。薄めの収納ケースを重ねて使うことで、平置きでも下の服がつぶれにくくなります。

ステップ4で収納する場合は、立てて衣装ケースに入れてしまいます。ところどころ、ブックエンドを使用すると倒れて崩れることがなくなります。シワがつきにくい服は、くるくると巻いてしまうのもOK。この時にラップの芯や丸めたタオルを使うと形が崩れにくくなっておすすめです。

安心保管テクニック

やってしまいがちなのが、クリーニングの袋に入れたままクローゼットにかけておくこと。これは絶対にやめましょう。ビニール袋の中は湿気がたまりやすく、カビや虫食いの原因になってしまいます。必ず戻ってきたら、不織布のケースなどに入れ替えてからかけておきます。最近では、何枚かの服をまとめて入れることができる防虫カバーもあるので活用しましょう。

理想はクローゼット内の換気を週に1度することです。極端にクローゼットが狭い、あるいは職業柄、服が多くなってしまうといった方は、有料の収納サービスもあるので活用してみてもいいかもしれません。

まとめ

今までなんとなく衣替えをしてきた方も、正しい収納テクニックを使ってスッキリしたクローゼットを目指しましょう。次の季節を迎えるのが楽しみになりますよ。