女性にとって女性のホルモンの働きは大切なものですが、PMS(月経前症候群)や更年期障害などのからだの不調にも関わりがあるといわれています。

女性ホルモンのはたらきと、不調の原因についてみていきましょう。
 

女性ホルモンの働き

 

女性ホルモンは、卵巣から分泌されエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、どちらも卵巣から分泌されています。

エストロゲンは女性らしさをつくるホルモンといわれ、プロゲステロンは妊娠と出産のための準備のはらたきをするホルモンといわれています。

エストロゲンとプロゲステロンの詳しいはたらきはどのようなものなのでしょうか。

 

エストロゲンの主な働き

エストロゲンの働きは主に以下のとおりです。

  • 子宮内膜を増殖させる
  • 第二次性徴期に乳房を発達させ、乳腺の発達を促進
  • 血管をしなやかに保ち、動脈硬化の予防や内臓脂肪の分解をしやすくする
  • 肌や髪にツヤを与え、女性らしい身体を作る
  • 自律神経の安定
  • 脳の働きを活発にする
  • 骨を丈夫にする

生理周期に大きくかかわるということは有名ですが、骨を丈夫にしたり能の働きを活発にする働きもあるとは意外です。
妊娠可能な時期に大きな役割を持っているといえるでしょう。

 

エストロゲンの分泌量が少ない場合

  • 乳腺の発達が止まる
  • 肌や髪のツヤがなくなり、抜け毛が多くなる
  • 自律神経が乱れる
  • 加齢に伴う減少の場合、更年期障害
  • 骨密度の低下や骨粗しょう症のリスクが増える
  • 物忘れ、認知症のリスクが高まる

 

エストロゲンの分泌量が多過ぎる場合

  • 乳がん、子宮体がんのリスクが高まる
  • 子宮内膜症や子宮筋腫などの悪化のリスクが高まる

 

 

プロゲステロンの主な働き

  • 基礎体温を上げる
  • 排卵後に女性の体が妊娠しやすいように子宮内の環境を整える。
  • 子宮内膜の形成
  • 妊娠中の胎盤の形成
  • 乳腺を発達させる
  • 妊娠中、下腹部の筋肉の収縮を抑える

 

プロゲステロンの分泌量が少ない場合

  • 「黄体機能不全」と診断されることもある
  • 子宮内膜維持の期間が短くなる
  • 子宮内膜の成熟が乏しく着床・妊娠が妨げられる

 

 

女性の身体の不調

PMS(月経前症候群)

 

PMSの原因はまだ解明されていませんが、排卵後の「黄体期」のエストロゲンとプロゲステロンの急激な変動が関わっていると考えられています。
黄体期のホルモンはさまざまな症状を誘発します。そのため、頭痛や下痢などの身体症状から、イライラや抑うつ気分などの精神的な症状など個人差があります。
基礎体温も高温期にはいるため、ほてりや発汗の症状が出るという人もいれば、プロゲステロンは水分をため込む働きがあるのでむくみやすくなることもあります。

また、生理前にチョコレートなど甘いものが欲しくなるのもホルモンの影響によって軽い低血糖を生じ、インスリンを必要とするためといわれています。
PMSがあるということは、逆にとらえるとホルモンの活動がきちんと行われているともいえます。しかしながら、症状が重い場合は、漢方や低用量ピルでの治療が用いられます。

精神的な症状が重く日常生活に支障をきたす場合は、とくにPMDD(月経前気分不快障害)と呼ばれ、抗うつ剤が用いられる場合もあります。

 

更年期障害

 

女性の多くは、50歳前後で「閉経」を迎えます。この閉経をはさんだ前後5年の約10年間を「更年期」と呼んでいます。

更年期には卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌が低下します。生殖活動を行うための働きが終息に向かうことは、女性の身体にとって第二次性徴に次ぐ大変動期といえます。

この更年期を迎えた女性のホルモンバランスの変化による不調を「更年期障害」と呼んでいます。40代半ば、生理の周期や日数が短くなり、経血の量が少なくなるなどの変化を感じたら、更年期のサインといわれています。

 

更年期には卵巣機能の低下によってエストロゲンの分泌が減少します。更年期の前であれば脳の視床下部からエストロゲン分泌の命令があれば卵巣がそれに応じていましたが、更年期に入るとエストロゲン分泌の命令に卵巣が応えきれず、バランスが崩れます。

エストロゲンが減少すると、骨粗しょう症やコレステロール・中性脂肪の増加などの生活習慣病のリスクも上昇するといわれています。

近年では、エストロゲンに似た働きをする「エクオール」という物質が注目されています。更年期障害でも代表的な、ほてりやホットフラッシュの改善や、肩こりや肌のシワの改善が見られたという報告もあります。

 

 

おわりに

女性ホルモンのバランスを整えるための食事に、豆腐や納豆などの大豆イソフラボンを含んだ食物が挙げられます。しかしながら、分泌量が多い場合のリスクもあるため、40代前半までの女性は過剰摂取には気を付けたいところです。

40代を境に女性のホルモンバランスは劇的に変わります。生殖という大きな役割を終えてもまだ先の人生は続きます。バランスのとれた食生活と睡眠で健康的な生活を送りましょう。