無性にある特定の食べ物が食べたくなる事、ありますよね?それ実は栄養が足りていないという身体からのサインだったのです。

これが食べたくなったら、この栄養素が足りていない証拠

【甘い物→タンパク質】

無性に食べたくなるものの代表と言えるのが、“甘い物”です。多くの方が「どうしても甘い物が食べたい」という衝動を経験した事があると思います。甘い物が食べたくなるのだから、糖分が足りていないと思いがちですが、本当に足りていないのは、“タンパク質”かもしれません。

タンパク質が不足すると幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが減少します。すると身体は減少したセロトニンを補おうと甘い物(糖分)を欲します。

甘い物(糖分)を摂ると血糖値が上昇し、一時的にセロトニンが分泌される為、無性に甘い物が食べたくなるのですね。

ですので、甘い物を無性に食べたくなった時は、不足しているのは糖分ではなく、タンパク質かもしれないと疑ってみて下さい。そして、そんな時におすすめの食べ物は、タンパク質を含んだ豆乳や赤身の肉・魚です。

【チョコレート→マグネシウム】

甘い物の中でも、チョコレートが無性に食べたくなるという方は多いのはないでしょうか?チョコレートが食べたい時に不足している栄養素は“マグネシウム”だと言われています。月経前や疲労・不安がある時にチョコレートを食べたくなるのは、マグネシウム不足が関係しているそうです。

マグネシウムが補えて且つチョコレートよりもヘルシーなナッツや豆、果物などを積極的に摂る事をおすすめします。

【パン→窒素】

パンが食べたい時、不足しているのは“窒素”です。しかし欲求のままにパンを食べていたら、糖質やカロリーが気になるところ。窒素を補う為に必要なのは高タンパクな食材ですので、パンではなく、赤身の肉(ヒレ肉など)や魚(サバなど)を食べるのが良いでしょう。

【脂っこい物→カリウム】

脂っこい物やジャンクフードが食べたくなった時は、“カリウム”不足の疑いがあるかもしれません。甘い物やパンと一緒で欲求のままに食べるのではなく、変わりにカリウムを摂取出来る食材を摂取すると良いでしょう。カリウムは、ブロッコリー、アボカド、バナナ、ケール、豆、チーズ、納豆などで補えます。

【コーヒー →鉄】

コーヒーを無性に欲している時に足りない栄養素は“鉄”です。しかしコーヒーは鉄分の吸収を妨げる作用があるので、注意が必要です。鉄を多く含んだ食材で代用しましょう。おすすめなのは、肉(特にレバー)、魚(マグロなど)、海藻、ほうれん草、プルーンなどです。

おわりに

食べたい時に食べたい物を食べるのも大切ですが、欲求に任せて過剰摂取するのは避けたいですよね。

特に甘い物や脂っこい物は頻繁に食べたくなると困りものです。そんな時はぜひこちらを参考に、ヘルシーな食材で代用してみて下さいね。